汗と体臭のケア用品 体臭&加齢臭 原因とその消し方

体臭の消し方 > 消臭の決め手タイムリーケア

原因汗は、タイミングよく取る

体臭がでる環境を作らないようにする

たいていの「体臭」の原因は、 皮膚にある常在菌が出す「分解臭」です。 菌がエサにしているのは汗や皮脂。それを分解するとき、 低級脂肪酸などのニオイのもとが生じるわけです。体臭は「菌の排泄物」といえるかもしれません。 「ニオイ」に敏感な時代なので、「スメハラ」や「香害」で苦い思いをしないよう、対策をしたいものです。

肌の常在菌にエサを与えないこと!

体臭の主な原因となっているのは、皮膚にある常在菌が出す「分解臭」。 すべての体臭がそうだといえませんが、 10代や20代の汗臭さや、30代からのミドル脂臭、40代からの加齢臭のニオイには、 皮膚の菌が一枚絡んでます。

つまり、常在菌にエサを与えることさえしなければ、分解がおこらないという理窟になりますね。 汗をかかないわけにはいきません。なので、皮脂を減らしたり、かいた汗をスグにふき取って無くすことが、 大きな体臭対策です。動物にエサを与えてはいけない、の精神ですね。

汗をニオイ絶つなら「汗をかいたら即ケアを徹底」させること。 たったこれだけでも、ニオイ問題はおおきく改善します。

タイミングよく、身体をケアする

一日中汗のことばかり気にしていては、勉強も仕事も手につきません。 ここさえケアすればOKという、ポイントをチェックします。 必要なポイントで、タイムリーヒットを打つわけです。 タイミングのよい汗対策が、あなたの体臭ライフを左右します。

・起床時のケア

寝汗はミストやシートでリセット
 寝汗の対策は、朝シャワーを浴びるのがベスト。 時間がない場合には汗拭きシートで代用するなど、とにかく汗を拭きとります。 ミストやウォーターなどの液体タイプも揮発性があるので、肌をサッパリとリセットできます。

・汗をかく前のケア

じか塗りで、長時間持続を狙う
よくも悪くも口コミの多い制汗剤ですが、汗を抑えるには効果的です。 とくに、成分が毛穴にぴったり密着して入る「じか塗り」タイプはおすすめ。 手軽に爽快感や冷感を求めるなら、スプレータイプが選ばれますが、肌への密着という点では弱めです。 効果が長持ちするという点で、じか塗りタイプのほうが良いのです。

蒸発・速乾のインナー
 下着の素材も考慮します。コットンやシルクは吸湿性がいいのですが、乾きにくいのが欠点。 ニオイ対策を第1に選ぶなら、蒸発性や速乾性の高い、薄手の夏用インナーがオススメです。

・汗が発生した時は即ケア

とにかく早く拭き取ること
 汗をかいたら、とにかく拭き取ること。 シートタイプの汗拭きにはエタノールも入っているものが多いので、 揮発することで肌表面を冷やして汗を止める効果もあります。

単純に「冷やす」もアリ
 原始的ですが「冷やす」のも有効な汗対策です。 首やワキといった、太い血管が流れている部分を冷やすことで、 全体を効率よくクールダウンさせるわけです。肌の表面が、細菌が繁殖すしやすい温度より低ければ、 発生を抑えつつ、汗も止まります。

・汗をかいた直後のケア

風通しのよい場所で消臭スプレー
 どんな手段を使っても、汗はかいてしまうものです。汗で濡れてしまった服やニオイが気になる服には、 衣類用消臭スプレーを吹きかけます。 そうして、できるだけ風通しのよい場所にかけて乾かしとくように。

・帰宅後のケア

足指の“爪の間”はきっちり洗う
 足のニオイやその原因は、足指の爪周辺にあります。 見落としがちなんですが、ここには、角質やゴミが入り込んでます。 汗と混じれば、相当なニオイのもとになりかねません。 歯ブラシなどを使って、爪周りや爪と皮膚の間もしっかり洗います。

 「汗かいたな」と思ったら、すぐに拭き取るのが基本

汗と皮脂の分泌が盛んになる夏。意外と、じっとり汗をかいている春や秋。 オフィスにこもっている冬でも、脇などは危険です。 上記のことを実行すれば、確実に「ニオイ」消しに効果があります。

マスキングは注意が必要
ニオイを香りで上書きするのが「マスキング」。 良い方法に思えますが、おすすめできません。殺菌しないままで香りだけをかぶせても、 ニオイの元は残ります。香りだけの対策は「スメハラ」や「香害」の元凶になるかもしれません。

汗をかいた部分は、拭き取るか洗う、または、殺菌効果のあるスプレーをかけること。 その後は、香水よりも、パウダースプレーしましょう。 これは、女性向の対策に思えますが、男性でもデオドラントに気を配る人が増えてます。

スポンサードリンク

悪い体臭から良い体臭へとコントロール

体臭に悩んでいるという男性は多いと思いますが、特に汗をかくと気になるのが脇のニオイです。 なぜ脇の下は臭うのでしょうか? それは汗腺が脇の下に集中しているからです。 汗腺には、普通の汗を出すエクリン腺(小汗腺)と性的フェロモンを出すアポクリン腺(大汗腺) の2種類が・・・
金融商品