老人臭 原因とその消し方

年齢による体臭 > 老人のニオイ

老人のニオイとその原因

人間の体臭は段階的に増す?

病気以外での体臭を年齢で分けるとすれば、若いうちは「汗臭」、 20代後半から「ミドル脂臭」、少し遅れて「加齢臭」、そして「老人臭」となるでしょう。 老人のニオイとはひどい響きの言葉ですが、この独特な体臭の原因はなんでしょうか?

加齢臭は50歳過ぎの人?

「ロウソクのようなニオイ」「古い油のよう」などと表現される加齢臭ですが、 発生する年齢には諸説あります。 一般的には50歳くらいと言われてますが、人間は機械のようにシステム化できません。 個人的な幅が広く、 30歳を越えるあたりから、ジワジワ始まるようです。

問題なのは、臭いの種類がバトンタッチされるのではないということ。 加齢臭が発生したからといって、それまで培ってきた(?)体臭の原因がなくなるわけではありません。 環境が変わっていないとすれば、それまでのニオイも蓄積されていくのです。 環境や年令で消え去る体臭もありますが、 高齢になって人生に重みが加わるほど、体臭も深みを増すわけです。

汗のニオイ

ミドル脂臭

加齢臭

老人臭

「ニオイが深くなる」と言いましたが、若い頃の臭いと比べ、加齢のニオイは「質」が変化してきます。 新陳代謝がゆるくなるし、ガンガン動くことも減っているので、汗を流す機会も量も格段に減少してます。 汗と雑菌が織りなす体臭が少なくなる一方、汗腺に溜まった老廃物が吐き出されにくくなるので、 独特の臭いが混じってきます。

こうした臭いの割合は僅かなので、 毎日にの入浴を欠かさなければ、汗に関する体臭は気にならないレベルまで無くなるはずです。

現在、加齢臭と定義されているのは、 ノネナールを原因としたニオイです。では、さらに高齢になったときに発生する「老人臭」とは、 どういったニオイでしょうか?

老人臭は体内が原因

いわゆる老人臭というのを発生させてる大きな原因は、体内で発生する「活性酸素」です。 干物と同じように、過酸化脂質が増加して、それが脂肪酸を酸化するために、 飽和脂肪酸ができなくなるのです。

魚やオリーブオイルには不飽和脂肪酸が多く、コレステロールが貯まりにくいという特徴があります。 一方で肉類は、飽和脂肪酸が多いために、コレステロールが貯まりやすい性質があります。 不飽和脂肪酸には、臭い物質を消毒する働きがあります。 体内のたんぱく質やアミノ酸、アンモニア、インドール、 尿素などから発生する体臭の元を消る効果があるのです。

高齢者の体内では、「不飽和脂肪酸」が作られにくくなります。臭い物質が消えにくい体質へ変化していった結果、高齢者独特の体臭が発生するようになるのです。

「飽和脂肪酸」以外にも原因があります。

年齢的に病気にかかりやすいため、肝臓や腎臓の病気があれば、それが体臭を生みます。 腸の機能低下による腸内蛋白質、アミノ酸が分解されてアンモニアが原因となる体臭もあります。 虫歯や歯周病などによる口臭も、かなりニオイがキツイです。

心の問題が体臭にも影響

ストレスは、体内のあらゆる活動を低下させます。 とくに、体力の衰えてきた高齢者には、 体調を左右するほど、大きくのしかかります。生活の中で起こるありとあらゆるストレスは、 「活性酸素」を作り出し、正常な活動を阻害、体臭にも悪い影響を及ぼすのです。

「 自分は体臭がする 」

そのように思い悩むことさえも、ストレスになります。

当人が、自分の身体を気遣うのは当然ですが、周りの人たちも気配りをして、 精神的なプレッシャーを与えないようにすることが大切なようです。

スポンサードリンク

父の加齢臭(口臭)について

父の加齢臭(口臭)を、傷つけないように治してあげたい。   40代になる父の加齢臭といいますか、口臭について…、相談です。 最近、加齢臭、特に口臭が気になるようになってきて、 同じ家に暮らすものとして大変つらいです。 喋りかけられると嫌な気持ちになってしまいます(書いてて悲しいです)。 しかし、「口がくさい」「口臭がある」とは傷つきそうで言えません…。 もともと言葉少なく自信の無い父が、・・・
金融商品