中年の体臭 ミドル脂臭

加齢臭の原因 > ミドル脂臭とは

「加齢臭」では、説明できないミドルの体臭

加齢臭のおさらい

体臭というのはいつでも、年代や立場と無関係に身体から発生しているものです。若いなら若いなりに、 高齢なら高齢なりに、年齢や原因の違いによって、臭いにも特徴がでているものなのです。
当然ですよね。

もっとも有名で敵視されるているのは、加齢臭でしょう。
「オヤジ臭」と言われていますが、資生堂が発見した「ノネナール」が原因だとされています。


加齢臭のおさらい

加齢臭が活発になる年齢は、40代辺りだと言われます。 早くに臭う人は、20台の後半あたりから臭いだすというのですが、 40歳と20歳後半では20年以上の時間の開きがあり、あまりにも違いすぎます。 専門家でなくても、これは年令が開きすぎではないかと思ってしまいます。

加齢臭が発生する主な原因は「パルミトオレイン酸(脂肪酸)」で、 毛穴の奥の皮脂腺から分泌される皮脂が酸化したものです。若いうちは体力があり抵抗力が高いので、 皮脂の酸化を防ぐことができます。ところが、年齢が増すほど抵抗力が鈍って防御力が衰えるため、 皮脂の酸化を抑えることが難しくなります。

加齢にともなった自然の成り行きですが、 このとき皮脂の酸化も活発化するせいで「パルミトオレイン酸」が生まれやすくなります。 その結果、発生するのがノネナール。この一連の流れが加齢臭のメカニズムです。

マンダムの推論「加齢臭早すぎでは?」

40代とされている加齢臭が、20台の後半からも発生する。 これは、医学的に無理ある理論ではないでしょうか。 個人差があるとはいえ、発生タイミングに10年以上もの差が生じるなんて、 期間があまりにも広範すぎるのではと思います。

30歳を過ぎた頃から、自分の体のニオイが変わったと感じる男性が多い。 これは数々のアンケートで確認されている事実です。 でもそのニオイの全てが、「加齢臭」なのでしょうか。まだまだ青年のはずなのに、 いっきにオヤジグループの烙印を押されたようで、認めたくない気分があります。

こうした疑問に対して答えを見つけたのが、男性化粧品メーカーのマンダムでした。

マンダムが発見したのは、 加齢臭とは違った「ミドル脂臭」というもの。 若者の汗のニオイ〜加齢臭が発生するまでの10年間の体臭の原因をつきとめ、30代から40代の、 中間的年齢層「ミドル世代」の特有のニオイを、「ミドル脂臭」としたのです。

マンダムでも独自の意識調査を実施しています。それによると、やはり一定の年齢で、 体臭に変化が起こっていることがわかりました。20%の人が30歳代まで、50%くらいの人が、 40歳代までの周囲の男性に対して、カラダのニオイの変化を感じていたのです。

臭いに変化があり、周囲に違和感をもたらしていることは、マンダム側の調査結果でも示したのです。 しかし。一般的に加齢臭の原因物質が増えるのは40代以降。 「過半数の男性が早く臭いだす」のはオカシイです。この年代のニオイの変化は、加齢臭ではなく、 別のナニカということです。

マンダムが、このミドル特有の汗のニオイの変化に着目して研究した結果、30〜40歳代男性には、 特有のニオイがあることを発見しました。

主に、後頭部付近から発生する「アブラ臭い」汗のニオイであり、 周囲から不快だと思われやすい汗のニオイであることがわかってきました。 これは一般的に知られている「汗臭」や「加齢臭」とはまったく違うものです。

マンダムではそのニオイを「ミドル脂臭」と命名したのです。

30〜40歳の体臭 ミドル脂臭

ミドル脂臭の原因成分は「ジアセチル」です。どんな臭いなのかというと、 まるで、使い古した油のような臭気という表現になります。体の中のニオイ代表といえば、 「口臭」や「足の臭い」ですが、「ジアセチル」は、こうした成分よりも、ずっとニオいやすいのです。

この、自分では気づきにくいミドル脂臭を発生している部位は、主に後頭部から首の後ろ周辺です。 自分ではなかなか気づくことができない、鼻の反対側が発生源。 ふっと、振り向いたときに、鼻をつんざくニオイを感じたら、それは「ジアセチル」かもしれません。

ふりむけばミドル脂臭です

先のアンケート調査の結果によると、女性の多くはミドル男性の特有のニオイを「アブラっぽい」 「生ごみのよう」などと言ってます。これによって、不快に感じているということが、 理解いただけるものと思います。

ミドル脂臭の強さがピークを迎えるのは、35〜45歳。 ということは、この年代にかかる人間は、複数の体臭時期が重なっている可能性があるのです。 これは、非常にまずいです。覚悟が必要かもしれません。

 20歳代から続いている汗臭  40代からの加齢臭が徐々に強くなっていく

30〜40歳代は、ニオイの三重苦ということです。生まれてから死ぬまでの長い人生の中で、 最も体臭が発生しやすい時期。そういうことをわきまえて、対策を施してください。

スポンサードリンク

近頃、夫のニオイに変化が

「うちの夫、こんなニオイだったかしら。」「若いころとは違うニオイがする……」。 30〜40歳代の夫をもつ女性に対してマンダムが行ったアンケートによると、 夫の体臭が気になりはじめるのは夫が37歳(平均)のときであるという結果になりました*。 若いときとは明らかに違う、そのニオイ。 男性が自覚しているよりもずっと敏感に女性は感じとっています。
金融商品