加齢臭とノネナール 原因とその消し方

加齢臭の原因 > 加齢臭とノネナール

加齢臭とノネナールの関係

加齢臭をつくったのは資生堂?

加齢臭という言葉が誕生したのは、比較的最近の時代です。平成の初期には無かったようですし、 昭和にはもちろん登場してませんでした。 「加齢臭」という概念はあったとしても、言葉が生まれたのは長い文明のうちでほんの昨日のこと。 化粧品メーカーの資生堂が、存在を化学的に解明したのがはじまりでした。

資生堂が行ったのは、20代から70代までの、男女のポロシャツに付着した汗の成分を調べること。 採取した汗を分析そうしたところ、男女ともに40歳を過ぎた年代のポロシャツから、ある物質が検出されたのです。

それこそが、後に世間を騒がせることになった「ノネナール」。 有名な、あの、オヤジ体臭成分ですね。

上記で触れた「ノネナール」は、不飽和アルデヒド(有機化合物)の一種です。 若い人たちの体臭から、ほとんど検出されなかったことから、 年齢によって発生する体臭の原因であると特定されました。

加齢臭が始まるのは、40歳を過ぎる頃からだと言われていました。 ところが最近の研究によれば、もっと若い年令から臭くなることがわかってきています。

具体的には、老年になる前の中年の人が該当。もちろんこれには個人差があtって、 もっとも早い人ならば、20代の後半から加齢臭が出ることも分かってきてます。

実際の年齢は若いのに、体の臭いは、中年の仲間入りしてる人がたくさんいるということ。 自分自身では臭くなくても、すでに、周囲からマークされているかもしれませんね。

スポンサードリンク

臭い対策(加齢臭?)

アラフォー女性の悩みです。 「ムッシュウ、女子なのに変な匂いするよ?」と言われてしまいました。 昔から香水や柔軟剤は使用せず、シャンプーも石鹸も「無添加、無香料」です。 アロマのハンドクリームをつけていますが、香は直ぐに飛びます(そこが好きでした)。 今まで「無臭」と言われてきたし腋臭も無いのでショックで・・・
金融商品