体臭を悪化させる食べ物の関係

体臭の原因について > 体臭悪化の食べ物

体臭を悪化させる食べ物とは

食べ物によって体臭は変化する

朝昼晩の食事。喉を潤すドリンク。ちょっとした空腹を満たすおやつ。 食べ物は体を動かすための栄養になるともに、体そのものを構成する基礎となってます。 良くも悪くも、食べたものが体の状態を左右するので、体臭にも影響を与えます。

体臭が薄い人であっても焼肉を食べた翌朝は体が脂くさい感じ がします。
日頃からニオイを拡散させている人が焼肉を食べたりすれば、元々の体臭と相まって、 その臭気は強烈です。

暑い日には、たくさんの汗が流れるので、夏であればなおさらニオイがすごい。 周囲の気分をマイナスにさせ、悪寒すら覚えさせる体臭を拡散してしまうのです。 汗や体臭が気になる季節には、きついニオイをふりまいている人に、 思わず顔をしかめてしまいたくなるシーンもいくつかあるのではないでしょうか。

頭では分かっていても、食欲には負けてついつい食べてしまう物ですが。 よく知られている食べ物の他にも、意外なものが体臭に関係しています。

テッパンのニオイ食品

・ においがきつい食べ物
香辛料や、においのキツイ野菜などは、そのまま体臭や口臭の原因となります。 代表的なのは、ネギ科の植物で、ニンニクや青ネギ、たまねぎですね。

ニンニクにはアリシンという物質が含まれてます。体内に取り込まれたアリシンは、 分解されてニオイ成分となり血液に取り込まれ体全体を巡ります。 息として排出されると口臭に、汗として排出されると体臭となるので。す。

また、カレーも体臭を強めます。「香辛料」が多いとということもあります。 辛いものは代謝をよくして健康をよくする一方で、たくさんの汗が出ることが、 ニオイを発生しやすい状態にしてます。

・肉
野菜好きのベジタリアンと比べると、肉を好んで食べる人のほうが体臭がきついというのは、 よく言われるところです。 お肉はタンパク質が豊富な食べ物です。しかし、タンパク質の消化には多くのエネルギーが必要なため、 野菜よりも消化される時間が多くかかります。胃腸の中に留まる時間が長いため、 その途中で肉が腐食してしまうこともあります。 「お肉ばかり食べるひとは身体が臭い」。口、汗、便のにおいを悪くしてしまうのは 上のこのような理由が原因なのです。

汗をかき安いのに、身体にニオイを溜め込んでいる。この状態こそが、 「肉を食べると体臭がキツクなる」原因を作っているといえます。

・お酒
アルコールは、2つの意味でニオイをもたらします。それは発汗促進とアセトアルデヒドです。

アルコールが身体にはいると、発汗量を急激に増します。皮膚の血管を拡張・体温調節中枢へ刺激・ 汗腺活動活発化を、一度に行うのです。急激な汗の中には通常の温熱性発汗よりも、 多くのニオイ成分が含まれます。アルコール自体にも、かなりのカロリーが含まれているので、 体温が上昇し、いっそう発汗しやすくなるという悪循環をきたします。

また、アルコールが分解代謝されると、アセトアルデヒドや酢酸というニオイの強い物質にかわります。 たいていは尿になるのですが、一部は、汗や呼吸からも出ます。 そして、あの「酔っ払いの体臭」をつくるのです。

ところで、アルコールを飲んだ後は、口の中が乾いきます。口の中が乾燥すると、 菌が繁殖しやすくなり、口臭をきつくしてしまいます。これもアルコールの副作用といえるでしょう。

・カフェイン
カフェインといえばコーヒーですね。1杯飲んだくらいではどうということはありませんが、 カフェインは利尿作用の強い物質です。コーヒーに限らず、カフェインを短時間で大量に飲むと、 腎臓に大きな負担がかかります。

腎臓に疲労がたまっていくと、尿と共に排出されるはずだった老廃物が 汗と一緒に排出されてしまいます。 これが皮脂の常在菌と混じり臭いの原因となるのです。

また、カフェインは、便の臭いを強くしたりおならが臭くなる原因にもなると言われます。 紅茶やコーラ、チョコレートにもカフェインは含まれています。 飲みすぎ・食べ過ぎてないか思い返してみましょう。

意外なニオイ食品

・乳製品
牛乳やチーズ、それにヨーグルト。乳製品は、腸内環境を整えてくれる健康の味方です。 でも、とりすぎると腸内でそれらが腐敗して醗酵、その悪臭が体臭として身体の外に出ていってしまいます。

乳製品というと、チーズやバターが思いつきますが、パスタ、ピザ、アイスクリーム、 ケーキなどにも大量の乳製品が使われてます。乳製品を摂りすぎは体内の脂質を増やして、 汗腺に負担をかけてしまいます。

体によいというイメージの乳製品ですが、乳製品をたくさん摂っている人の腸は相当汚くなるようです。 腸が汚いと、腸内にある食べ物が腐敗を起こしやすくなります。 体内でチーズの熟成を行っているようなもの。発酵した悪臭が、体臭として発生してしまうのです。

・ブロッコリーやキャベツ
アブラナ科の植物は、有機イオウ化合物や栄養が豊富です。 発がん性の毒素を取り除く身体に良い食べ物だともいいます。 ブロッコリーやカリフラワー、キャベツなどがその代表です。 でもいっぽうで、有機イオウ化合物が悪さをします。体内でガスが溜まりやすくなる食べ物でもあるのです。 かなり臭いのきついガスを溜めることになるので、食べすぎには気をつけたいですね。

 ・トルメチルアミンを作り出す食べ物

「トルメチルアミンって?」 耳慣れない言葉ですが、魚などに多く含まれるのレチシンという脂質が 分解されて作られる成分です。魚の脂なので、普通に食べているはずです。

通常は、きれいに分解されるので、問題はないのですが、これを上手に消化できない体質をもつ人がいます。 こうした症状のことを「トリメチルアミン尿症」といいます。 魚介類を摂取した際にうまく消化されないので、毛穴や尿などから、 魚のような強い臭いを放つことがあります。

代謝異常の一つとされていて、主に、欧米で多く見られるものです。これを避けたいなら、 アミノ酸を含むものを摂取しないこと。卵、レバー、魚介類、魚の脂、豆類、大豆類、ピーナツ、 キャベツ類などは避けましょう。

以上でした。
健康によいと思われている食べ物であっても、とりすぎは悪臭の元になるわけです。 「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」。どんな良いことも、やり過ぎは、 マイナスに働くということでしょう。

スポンサードリンク

体臭を予防する食べ物

Q:
私は食べ物に気を使っているつもりなのですが、相談にのって下さい。 以前どこかで聞いた話なのですが、南国のフルーツはアポクリン腺の活動を促進するというのは、 本当な・・・
A:
南国のフルーツがアポクリン腺の活動を高めるという話はわたしも初めて聞きました。 あなたがおっしゃる通り確かにアボガドなどは匂いが強く脂肪分が多そうですね。 しかし脂肪の摂取過多は、以前にお話したように体臭を強くする遠因とはなりますが、 それはあくまで「動物性の脂質」のことです。 食物性のものは「油」・・・
金融商品