病気が原因の 体臭と加齢臭の消し方

体臭の原因について > 病気での体臭

洗っても頭が臭いのはなぜ

頭が臭くてかゆい理由とは

体臭というと、汗臭さや不潔なイメージ、または加齢臭などの年令による発生などが減員と思われがちです。しかしなんらかの病気によって、体が臭うということもあるのです。

清潔なのに体臭が取れない・いつもと違った変な体臭がする。
そんな場合は、病気の可能性も疑ってみます。


こんな臭いの体臭には要注意

ほかのページでも一部説明していますが、ここでは臭さのタイプを、可能性のある病気と結びつけてみました。ダイエットや拒食症でおこるニオイはよく知られてますが、それ以外にもこれだけの体臭があるのです。

・甘酸っぱい臭い
「糖尿病」になると、体内にケトン体という臭いの強い物質が発生します。ケトン体は血液に取り込まれ、その一部が汗と共に出るので、体臭が甘酸っぱい臭いになります。前述のダイエット臭と同じニオイなので、「ダイエット臭」とも呼ばれますは過度の栄養不足により代謝が著しく低下していると、体内の脂肪が強制的に分解されて栄養に置き換えます。その際にケトン体という物質が増えてしまうのです。

ケトン体は、心筋、骨格筋、腎臓などさまざまな臓器で日常的にエネルギー源として利用されています。急激に登場すると体臭を産む原因になるのですが、ケトン体そのものは体内に普通に存在してます。

・おしっこ臭
腎臓は、心臓から送り込まれてきた大量の血液をろ過して、毒素や老廃物を尿として体の外に排泄する働きをしています。腎機能が低下して尿が出にくくなると、毒素や老廃物が排泄されずに体の中に溜まります。血液中の毒素の濃度も高くなり、汗に混じって出てしまう。そうして、体臭がおしっこのような臭いになるのです。

体臭おしっこ臭くなるので、腎臓の症状がかなり進行してからだと言われています。すでに、腎不全や尿毒症などになっている可能性があるので、直ちに病院へいきましょう。

・ドブやカビのような臭い
肝機能が低下してしまうと、体臭がドブやカビのような臭いになります。 ついでに言えば、排水溝や雑巾、アンモニアのニオイも同じ減員です。

肝臓では、体内に存在しているあらゆる毒素を分解します。肝機能が低下すると、分解されるはずの臭い物質が処理しきれなくなります。それが血液に取り込まれ、汗と共に排出されてしまうとこうした体になるのです。

・卵の腐敗臭
「胃炎」や「胃・十二指腸潰瘍」など、胃腸の病気の可能性があります。 消化不良をおこして食べたものが胃の中に長時間滞在すると胃酸によって異常発酵してしまいます。また、胃での消化がうまくいかずタンパク質が分解されないまま、小腸へと送られることがあります。小腸はタンパク質を分解できないので、その中で発酵してしまいます。

このように、胃や小腸で異常発酵が起きたときに、卵が腐ったような臭い物質が発生するのです。生じた臭い物質は、消化器官を逆流して口臭となって排出されたり、血液に取り込まれ汗として排出されます。卵の腐敗臭は強烈なので、他人どころか本人にもはっきり自覚できる体臭です。

・便の腐敗臭
はっきり言って「便秘」が原因です。便が腸の中に長い間溜まったままになると、悪玉菌が増加して悪臭を放つ有害ガスが発生します。それが腸壁から吸収されて、体臭や口臭として周囲に臭いを放ちます。口臭は、歯周病や食べかすが原因となるケースが多いので、便秘が原因だと気付きにくくようです。

・脂臭い臭い
頭皮が脂臭いと感じるようなら、「脂漏性皮膚炎」の可能性があります。脂漏性皮膚炎とは、カビの一種であるマラセチアという菌が原因で起こる皮膚炎です。

脂臭いにおいがする人は、食生活が体臭に、ダイレクトに反映されていることが多いようです。まぐろの大トロのような脂肪の多い魚類やトンカツ、エビフライ、コロッケ、魚のフライ、鶏のから揚げ、などなど、動物性の食品を油で揚げたものが好物ではないでしょうか。また、外食などで良く食べる、豚の脂(ラード)を多用した料理も体臭を脂臭くする原因になります。

また、肝臓が弱ってくると、脂物がむしょうに食べたくなるものです。これは体内の脂質代謝が悪くなったため身体が欲求するのですが、元々油っこい食べ物が好きであるために肝臓を弱らせているという、問題が根底にあります。欲求のまま脂質を摂るととんでもない結果を招きます。

・魚臭い臭い
代謝異常の病気のひとつである「魚臭症(トリメチルアミン尿症)」の可能性があります。食べた物を消化するときに発生するトリメチルアミンという悪臭物質を肝臓で分解できず、汗や尿、呼気に混じって排出されて体臭が魚臭い臭いになるのです。

トリメチルアミンが分解されない要因は、分解する酵素が先天的、あるいは肝機能障害や肝機能低下などによって後天的に欠落してしまったことによります。症例が少ない病気なので抜本的な治療法は確立されてません。しかし、食事療法でかなり改善できることがわかっています。

汗をかきやすくなる病気も

体臭の違いによる病気をお話してきましたが、もちろんこれだけではありません。上記の他にもクサイ体臭に繋がる病気はあるのです。

 わきが
  体質的にアポクリン腺という汗腺が多くわきの下が臭いやすい
 多汗症
  日常的に支障をきたすほど汗が出てしまう
 甲状腺機能亢進症
  新陳代謝を促進する甲状腺ホルモンが過剰に分泌され汗や皮脂の分泌が多くなる

これらも体臭の原因になりやすい病気です。むしろ体臭に限っては、前述した病気より知られている病気といっていいでしょう。

スポンサードリンク

体臭で病気の種類まで分かる?

「病気には特有のにおいがあることが、昔から知られています。例えば、イギリスの哲学者フランシス・ベーコンは、ヨーロッパで流行したペスト(黒死病)について『腐った柔らかいリンゴのようなにおいだ』と書き残しています。そもそも病気になると、体内での物質の合成や化学反応が健康時とは違ってきます。物質にはそれぞれ特有のにおいがあり、それが血液に乗って全身を回り
日経スタイル
金融商品