汗のにおい 原因とその消し方

体臭の原因について > 汗のニオイと原因 >

汗のニオイと原因

汗の臭い 種類と原因

嫌な体臭の内には、臭い原因がイロイロと混じってます。 肝臓などの内臓が病んでいることもあれば、腸の調子が悪かったり、 血液の流れがよく無かったりすることもあります。

また、代謝や習慣が原因というケースもあり、カンタンには消せないことがあります。 一般に、問題視される原因は「汗」でしょうか。 直線的に体臭と結びついてますし、見た目から臭そうです。


「汗」でキツイニオイがするのはナゼ?

汗については前のページでも取り上げていますが、もう少し踏み込んだ情報をお届けしますね。

「汗」とは肌から分泌される液体です。汗は、エクリン腺とアポクリン腺という汗腺から出ています。 身体の老廃物を水分の形で排出しているので、成分は「おしっこ」と似通ってます。

2つの汗腺は、配置も機能も異なります。「エクリン腺」はほぼ全身にあるのに対して、 「アポクリン腺」は特定の場所だけに存在してます。

「エクリン腺」
エクリン腺から出される汗の主な役割は体温の調節です。汗が水分として蒸発する際に、 身体から熱を奪って体温を下げています。成分のほぼ全てが水分なので、臭いはほぼありません。 エクリン腺の汗質はサラッとしていて、すぐに乾きます。 汗をかいていることにさえ気づくことはあまりありません。

「エクリン腺」からは、臭いを発生させる汗も流れています。 夏場や運動時にはポタポタと流れ落ちるような大粒の汗をかくことがありますよね。 こちらの汗は、ミネラル成分が大量に含まれていて、ベタつきがあります。

こちらの汗に含まれるミネラル成分は、皮膚をアルカリにしてしまうので、 表面の常在細菌が繁殖しやすくなります。 そうして繁殖した菌が、皮脂などの老廃物を分して、臭いを発生させるのです。

「アポクリン腺」
アポクリン腺は、性腺とも呼ばれる臭いを発するための汗腺。いわゆる「フェロモン」です。 ニオイをだすのが目的の汗腺なので、もともとが臭いをもっています。

汗のニオイだけならまだ良いのですが、汗に含まれる成分が、 皮膚表面の細菌によって分解されて嫌なニオイになることがあります。 こうして、臭いがきつくなって、周囲に不快感を与えるようになるのが「わきが」です。 あまりにひどいときには、治療する必要があります。

エクリン腺という汗腺は、全人類の身体に必ずあるものです。 一方、「アポクリン腺」は、発達に個人差があります。
無条件に臭い人は、「アポクリン腺」の汗が原因とされます。 「臭い人」と「臭くない人」が存在している理由には、汗腺が違うということもあるわけです。

話はちょっとずれますが、加齢臭の原因は「ノネナール」であると、近年になって分かってきました。 ほかにも、ジアセチルやアンドロステノンも中年の体臭の原因といわれます。 若いうちには臭くなかったのに、30過ぎあたりから、突然臭くなる「オヤジ臭」とか「オッサン臭い」 というアレです。 もしも、若いうち(10代や20代)から臭いのであれば、 こうした中年臭ではなく、「アポクリン腺」が原因という可能性が高いと思われます。

■ 汗と臭いの関係

汗を出している汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」がありました。 臭いを出す汗腺・出さない汗腺という言い換えもてきますが、実際のところ、 単純に区切ることはできません。状況によって、汗の発生が違うからです。 毎日、いろいろな場面で汗をかきますが、ときとして種類が異なります。

温熱性発汗

 体温の上昇を防ぐために分泌される、体温調節のために分泌される汗です。 体温が上がりすぎると、生命が危険になるので、周囲の環境に合わせて適度に発汗しているのです。 生理機能のひとつですね。

この種の、平常時にかく汗には、臭いはないとされています。 ただし、スポーツをしたときなどのように短時間で大量の汗をかくような場合には例外があります。 汗腺の機能が衰えていると、汗が原因で臭いがでることがあるのです。

精神性発汗

 ストレスを感じて、じんわりいた汗のことを精神性発汗といいます。 「手に汗にぎる」とか「冷や汗をかく」と言われる汗であり、 緊張すると手にじわっとかいてる汗がこれです。 あなたも、少なからず経験しているのではないでしょうか。 精神性発汗は、手のひらや額など、局所的にかきます。
一時的な汗ですが、大量に出るときには「汗臭い」と感じることがあります。

味覚性発汗

辛い物を食べると、毛穴から汗がでてきます。 汗がでるのは、香辛料などのカラミ成分を食べるとによって、交感神経が刺激されるのが理由です。

食事をすると、体内に吸収された栄養素が分解されて、その一部が体熱となって消費されます。 このときの発熱を「食事誘導性熱」といいます。辛い食べ物を食べると、この熱の生産が さらに高まるので、体温が上がり汗をかくのです。アルコール類の摂取も発汗を促進します。

食べた物は、発汗だけなく汗のニオイの原因にもなります。にんにくやニラなどを食べたあとには、 不快なにおいが漂ってきますよね。アルコールを大量に飲んだ後には、酒臭さがプンプンしてきます。 口から入るものだけに、口臭への影響は尋常ではなく、カンタンにくさくなります。

ニオイを抑えたいなら「食べるものに注意する」こと。焼肉が好きであっても、ニオイを気にするなら、 回数を控えること。食に気をくばることで臭いを抑えることはできます。

疲労性の汗

 疲れた状態でかいた汗は、アンモニアの臭いがします。アンモニア臭の原因は、疲労物質の乳酸です。 アンモニア臭を出さないためには、疲労を回復することですが、 「酢」を摂ることでも、程度解消できます。酢には、 乳酸を燃焼させるクエン酸が多く含まれているからです。 適度な酢は、アンモニアの臭さを抑える効果が期待できます。

疲れていないのに、アンモニア臭の汗が出るのなら、肝臓の病気などで、 汗腺の機能が衰えている場合があります。汗腺の機能が弱くなっていると、本来は、 汗腺によって体内に再吸収されるはずのミネラル分が、汗と一緒に排泄されるのです。
ミネラルと汗腺については、別のページでお伝えします。

汗と尿は基本的に同じ成分です。夏は汗として水分が流れ出るので、その分だけ尿の量が減ります。 ただし水分が減った分だけ濃度が高まることもあり、結果として尿のの臭いがきつくなることがあります。

スポンサードリンク

汗と臭いのメカニズム

Q:
私たちが1日にかく汗の量はおよそ1リットル。 汗をかいたと感じていなくても、じつはそれだけの量の汗をかいているのです。 真夏の暑い日や激しいスポーツをした時などはなんと3リットルにおよぶことも。 ベタつきやニオイが気になる汗ですが、体温を調節したり、 体内の余分な老廃物を排出するなど大切な・・・
金融商品